親指の扱い方

1番の指、つまり親指の指先だけで強弱をコントロールしようとした瞬間、思いがけず固い音が出てしまったとか、思うような音色が出なかったなどという経験はありませんか?

この原因は、下部雑音が混ざってしまうというところにあります。

下部雑音を取り除くのに注意するポイントは、親指を真横に扱わないということです。真横に扱うと、何度かブログの中でもお話ししている、指先単体の打鍵になってしまうのです。

親指は手の内側に向かって打鍵することで、指の根元から扱うことができ、雑音を生み出すことなく柔らかな美しい音を作り出すことができるのです。

手首から弾く

演奏するのに最も大切なのは、身体がリラックスした状態における自然な動きです。この自然な動きができて初めて耳も自然に使えるようになります。

 

スポーツなどでも同じことが言えますが、基本的に動かす部分の先端ではなく、根本を意識すると自然に動かすことができます。指の根本は手首、腕の根本は肩甲骨です。その他、指先、肘、肩は意識することなく常にリラックスした状態が求められるということです。

 

指先の存在を忘れ、柔軟な手首で弾く。

手首から弾く意識がもてるようになると、自在に腕の重みを使いながら弾けるため、指先で弾く際に生じる緊張感や不安感から解放され、より音を聴ける耳で音楽を捉えることができ始めます。

美しい音楽は美しい自然な動きによって紡がれるのです。

 

脱力という感覚の理解への一歩

レッスン中明らかに余計な力が入っていると分かる生徒には、

「右腕を脱力してみて」

と言い、生徒の右腕を掴んでパッと放してみます。そうすると、ほとんどの生徒は空中に右腕がとどまったままの状態になります。

 

次に、

「今からあなたは死体です。死体の右腕にしてね」

と言い、先ほどと同じように右腕を掴んでパッと放してみます。するとどうでしょう。今度は、右腕が勢いよく下にダランと垂れ下がるのです。これが脱力の感覚だよとすぐに伝えます。

まだピアノを始めて間もない生徒たちは、脱力という言葉や感覚を把握していないため、意識的に脱力するのが難しいのです。だから、生徒がイメージできる範囲で感覚を一致させるという作業はとても重要です。

 

いかに分かりやすく少しクスッとなるような言葉選びができるかというところは、常に慎重に取り組んでいるポイントのひとつです。言葉がけひとつで、新しい感覚を一瞬で身につけることが可能となる、そんな瞬間を目の当たりにする日々のレッスンには感動がつまっています。