親指の扱い方

1番の指、つまり親指の指先だけで強弱をコントロールしようとした瞬間、思いがけず固い音が出てしまったとか、思うような音色が出なかったなどという経験はありませんか?

この原因は、下部雑音が混ざってしまうというところにあります。

下部雑音を取り除くのに注意するポイントは、親指を真横に扱わないということです。真横に扱うと、何度かブログの中でもお話ししている、指先単体の打鍵になってしまうのです。

親指は手の内側に向かって打鍵することで、指の根元から扱うことができ、雑音を生み出すことなく柔らかな美しい音を作り出すことができるのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です