手首から弾く

演奏するのに最も大切なのは、身体がリラックスした状態における自然な動きです。この自然な動きができて初めて耳も自然に使えるようになります。

 

スポーツなどでも同じことが言えますが、基本的に動かす部分の先端ではなく、根本を意識すると自然に動かすことができます。指の根本は手首、腕の根本は肩甲骨です。その他、指先、肘、肩は意識することなく常にリラックスした状態が求められるということです。

 

指先の存在を忘れ、柔軟な手首で弾く。

手首から弾く意識がもてるようになると、自在に腕の重みを使いながら弾けるため、指先で弾く際に生じる緊張感や不安感から解放され、より音を聴ける耳で音楽を捉えることができ始めます。

美しい音楽は美しい自然な動きによって紡がれるのです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です