手の中に響きをもつ

ロシア奏法(重力奏法)では、腕の重さをピアノに乗せて演奏することを目指しています。

その際、身体のほとんどはリラックスした状態、いわゆる”脱力”が求められますが、唯一脱力を決してしてはいけない部分があるとしたら、それはどこだと思いますか。

答えは、手の平なんです。

 

もしも、手の平まで完全に脱力をしてしまったら、手首から先と腕が分断されてしまうため、腕の重さを指先まで伝えることができません。

ここで必要になってくるのが、手の平の筋肉による支えなのです。腕の重さを利用するためには、重さをピアノに伝える際に、手の平を音色に合わせて適度に緊張させるということが非常に重要です。

 

この筋肉を意識するために、私の教室では生徒が小さいうちからトレーニングを開始しています。

 

ロシア奏法においては、多からず少なからず常に手の中は緊張させています。

弾く前、弾いた後どちらも緊張を維持することによって初めて、手の中に音を持つという感覚を実感することができるのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です