手は丸く?指は立てて?手首は高く? その2

栃木県宇都宮市 齋藤文香ピアノ教室主宰の齋藤文香です。

 

前回に続けて、今回は指の立て方についてお話しします。

 

指の立て方

前述の通り、指自体が脱力して無理なく打鍵するためには指の立て方が重要になります。他の教室からいらっしゃる生徒の手を観察すると、闇雲に指を立てるように言われたのでしょうか、かぎ針のような不自然な指の曲げ方をしている生徒の多さに驚かされます。その指の形で演奏すると、カタカタとした機械的で響きのない硬質な音になるだけでなく、いわゆる指弾きとなり指の筋肉に負担がかかってしまいます。ではどのような指の形が理想的なのか…こちらは実際のレッスンで分かりやすく指導しています。

 

次回は引き続き、手首の高さについてお話しいたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です